スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- 
スポンサー広告 | Top ▲

小さいときから考えてきたこと

徹子の部屋でお馴染みの黒柳さんのエッセイです。
実は黒柳本初読でした。
黒柳さんの本といえば『窓際のトットちゃん』だと思うのですが
暗いイメージがあってなんとなく敬遠しておりました。

で、なんとなく図書館でこの本を手にとって読んでみました。
戦争や紛争の話暗めの話ももちろんあり考えさせられましが
他の日常の話が面白すぎてというかインパクトありすぎて
暗い話が霞むと言うと御幣があるのかもしれませんが
普通の事として受け止められるというか
上手く表現できませんが
戦争とか紛争などの話を聞いたあとの独得の重い気持ちになりにくかったと思います。

話の内容もそうですが話の内容の脱線具合など面白かったです。
黒柳さんはやっぱりぶっどんでるな。。


徹子ブームがきた。


小さいときから考えてきたこと小さいときから考えてきたこと
(2001/11/24)
黒柳 徹子

商品詳細を見る

スポンサーサイト

2009/09/12 19:55 
文字モノComment(0)Trackback(0) | Top ▲

 | Blog Top |  Next»»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。