スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- 
スポンサー広告 | Top ▲

思いわずらうことなく愉しく生きよ

なにかの啓発文のようなタイトルですが恋愛小説です。

それぞれ個性のある三姉妹が主人公のお話です。
いつもの江國さんの小説とはちょっと違った雰囲気でした。
普段の作品は内容が割りと過激でも穏やかで鈍い感じがするんですが
この作品はスピード感と重量感がある感じがします。
それはDV(家庭内暴力)が話の中に組み込まれていた事が影響するのかな…?と思いました。

DVの表現が結構細かくされていて結構恐怖です。
そしてDVをする側とされる側の心理が描かれていてなかなか考えさせられます。
最近世間を騒がせている親から子への暴力もそうですが
暴力を振るわれてるほうが「自分が悪い」と思ってしまい、隠す。
そういう心理が働くのって恐いですね。


思いわずらうことなく愉しく生きよ (光文社文庫)思いわずらうことなく愉しく生きよ (光文社文庫)
(2007/06)
江國 香織

商品詳細を見る

2009/05/08 23:48 
文字モノComment(1)Trackback(0) | Top ▲

コメント

ファン宣言!

読んでいて楽しかったです。ありがとうございます。

No:11 2009/05/09 17:45 | なお #-URL編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。